2020年02月03日

ダイエットで重要なGI値を「うどん」と「そば」のカロリーと共に比較!




バレンタインデーの贈り物に

ダイエットで重要なGI値を「うどん」と「そば」のカロリーと共に比較!

かけそば500.JPG

こんにちは。

晴れてはいますが空気は冷たいです。

きのうはまずまずのお天気だったので天然温泉に行ってきました。
昼食は今週のランチ「かけそばとミニ豚キムチ丼のランチ」にて。
色が黒くて太い田舎そばとピリ辛のミニ豚キムチ丼。

なかなか美味しかったですよ。



ダイエット「うどん」と「そば」のカロリー・GI値比較


■うどんのカロリー
100gのカロリー:うどん(生) 270kcal
うどん(ゆで) 105kcal
干しうどん(乾) 348kcal
干しうどん(ゆで) 126kcal

■そばのカロリー
100gのカロリー:そば(生) 274kcal
そば(ゆで) 132kcal
干しそば(乾) 344kcal
干しそば(ゆで) 114kcal


「おからパウダー」と「こんにゃく粉」をベースにシンプルな原材料で作った糖質0g麺

ダイエット、GI値の違いで「そば」の方が太りにくい


こんな記述がありました(結構重要なこと)
蕎麦もうどんも、太りやすさにかわりはないのでしょうか。
実は、おなじ炭水化物、ほとんど同じカロリーであっても、
うどんよりも蕎麦の方が太りにくいという説があります。

それは、食べ物に固有のGI値の違いによるものです。

GI値とは、食品別に食後の血糖値上昇率をあらわした数値です。
GI値が高ければ、食後の血糖値の上がり方は急激で、
インシュリンの過剰分泌を引き起こしやすく、肥満につながることになります。
GI値が低ければその逆となり、つまり太りにくいと言えるのです。

うどんと蕎麦のGI値をみると、
うどん(生)は<80>、蕎麦(生)は<59>。
太りにくい食材を考える時のGI値の目安が60以下であることを考えると
「太ることを気にするならうどんよりも蕎麦」、ということになりそうです。




「おからパウダー」と「こんにゃく粉」をベースにシンプルな原材料で作った糖質0g麺
posted by metabo-masa at 12:00| Comment(0) | ちょこっとグルメとダイエット | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください